PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1日の終わり

火

「うーん、今日もよく働いた!」
そう思いながら焚き火をし、倉本總さんの書いた「ニングルの森」という本を思い出しました。

森に棲む小さな生き物ニングルが人間を観察して、こう話す。(以下、記憶に頼って・・・)


ニンゲンって生き物は、このチクタク正確なリズムに従って動く。
それで針が「12」のところへきたら、お昼ごはんを食べるんだって。

え、お腹がすいたら食べるんじゃないのか?

「5」のところへくるまで、家へ帰れないんだって

え、疲れたら帰るんじゃないのか?


私は疲れたので、家へ帰ろうと思いまーす。

+ニングル的暮らしに憧れ、物々交換 を始めました。詳細はclick&Read more
スポンサーサイト

| 日々のこと | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kotsubu2010.blog13.fc2.com/tb.php/84-2f5983c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。