PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お百姓のがっしゅく11月~いもほりと器づくり~

ヒエとり、稲刈り、脱穀、新米などなど、ずーと田んぼのイネに力と愛情を注いできた
「お百姓のがっしゅく」ですが、その間にも静かに着実に、生長を続けてきた根菜たち。
今回は、土を掘って掘って掘って、そんな根菜の収穫です。

いもに3人

やっぱり毎年やっても、芋ほりって楽しいですね。
ひとつの芋に伸びる3本の手・・・エビイモ(サトイモ)の収穫です。

まずはスコップで芋のまわりを掘ってゆきます。
ちびっこお百姓さんの体重だと、スコップが地中に入っていかないので、スコップの上でジャンプ!
やっとのことで土の塊をほりあげると、親芋のまわりに子芋がたくさんついたエビイモの塊が!
おいしそー。これはシチューにしていただきました!

次は何かな?
真剣

真剣に・・・落とし穴づくりです。
ゴボウを掘った後のふかーい穴を利用して、人がはまるくらいの穴を掘ろうと作戦会議。
大将の指示に3人が従います(笑)

におう 落花生

地中深く伸びるゴボウを、最後まで折らずに掘るのは至難の業!!
いくつも股が分かれていたり、思ったよりも深かったり、なかなか大変でしたが
掘りたてのゴボウの香りは格別! 他にもサツマイモ、落花生も掘って、手も足も顔も泥んこでした。

さてさて、根菜を掘りまくっている間に、ひそかに作っていたもの。それは木の器。
炭火でじっくりじっくり掘り進め(正確には焦がして)、最後に少しだけけずって器にしようと・・・

ふく ちなふく

大人も子どもも、どんどん焦がそうと、吹いて吹いて吹きまくりました。
途中子どもたちは、鬼ごっこに精を出し、その間も大人たちは吹いて吹いて・・・
そしてしばらくイモを掘って・・・
なんてことを2日間(正確には一昼夜かな?)行い、自分たちで育ててきた新米を
出来上がった器に盛っていただきました。

うつわ

いろんな知恵や自然、ちょっとした技を使って、食べ物をはじめとした暮らしに必要な物をつくる。
一人じゃなかなかできないけど、みんなでやると楽しい。
大人も子どもも泥と灰でまっくろになりながら過ごした2日間でしたね。あったかい時間をありがとう!

スポンサーサイト

| 体験農園「お百姓のがっこう」 | 20:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。