| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大粒農園!

大粒田植え

6月2~3日、こつぶ農園を引き継いだ大粒農園主催による田植えが行われると聞き、
わたしも参戦してきました。
懐かしい面々と、泥にまみれて作業をするのはやっぱり楽しい!

田植え(手植えに限りますが)は、そんじょそこらの大人より、よっぽどベテランの子どもたち。
躊躇なく泥に入り、苗を持ち、田植え紐の前に立つ。すごい・・・
彼らの活躍により、田植えは滞りなく進み、ゆったりお話をする余裕もありました。
前職のホールアース自然学校のときから始まり、こつぶ農園(→大粒農園)と、
こんな場を作れたこと、すばらしい人たちとつながれたことを幸せに感じたのでありました。

よし、神山町でもがんばってみよう!


↓シマヘビ、見っけ。ヘビの方が怖がっていますけど・・・

大粒へび




スポンサーサイト

| こつぶ田んぼ | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

耕す

虫たちと同じように、人もまた田畑で動き始める季節がやってきました。
こつぶ農園の田んぼにもトラクターを入れ、土を耕しています。

私は引っ越してしまいますが、春からも続けてこの田んぼでお米を作ってもらえること、
とても嬉しく思っています。
久しぶりにかぐ、やんわりと生ぬるい土のにおい、鍬の重さも心地よく、
いろんなことを思い出したり、これからのことを想像したり・・・
やはり心地よい時間です。

| こつぶ田んぼ | 21:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨上がり

mochi

空気が澄んで、あらゆるものがきれいに見えます。

友人と3歳児の力を借りつつ、もち米の刈り取りを始めました。
3歳児は稲穂を手に裸足で遊びまわり、カマキリに驚き、はざにぶらさがる。
いいなー「野良保育」

| こつぶ田んぼ | 17:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ

いざ

「お百姓のがっしゅく」で刈り取ったイネ。
はざかけして、天日干しすること約10日。
雨が降る前に脱穀&籾摺り(もみすり)してしまおう!と、軽トラに満載して師匠のKさん宅へ。

去年は全部『足踏み脱穀機』でやったよなーと、そのときの様子を思い出して苦笑い。
できればみんなでわいわいぎゃーぎゃー言いながら、機械に頼らずやるのがワタシの理想ですが、今年は文明の利器に甘えます。

こつぶ農園の稲作はやっと終わりが見えてきました。うるち米は。
もち米はまだこれから稲刈りです♪

| こつぶ田んぼ | 14:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒエトリ

「まあ、ひどいね、このヒエ。もうヒエの種がこぼれてるじゃないの!」

また言われてしまった(泣)
でも、こつこつとヒエとりはしているのです!!!先日は、富士山に逃避行しましたけど。

稲穂が垂れ、イネの葉も半ば凶器のようになっているいま、ヒエを刈り取るのはなかなか気合がいる。ヒエをみつけ、「さあ刈ろう」としゃがみこむと、目や鼻にイネの葉が突き刺さる。

だから、先に田んぼにしゃがみこみ、完全にイネの中に体をうずめてしまってハイハイ移動し、
株元でヒエを見分けて刈り取ってゆく。時々見上げて、刈ろうとしているのが、ヒエなのかイネなのかを確認する。

あ、きれい。と思って、その体勢のまんまカメラでパシャリ

見上げる

まるで水中にもぐるみたいに、イネの中にしゃがみこむときは、不思議と息をとめてしまうのでした。来年はこうなる前に、ヒエをしっかりとっておこう!と、心に誓う毎日です。

| こつぶ田んぼ | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT